impc_logo.png(8280 byte) 日本マウスクリニックはIMPC (International Mouse Phenotyping Consortium) の一員です。
IMPCで実施する全ノックアウトマウス系統の開発及び表現型解析結果は、「IMPCへの参加活動」 ページにおいて、遺伝子シンボル名および表現型情報から検索することが可能です。


最 新 情 報

2018/03/22 マウスクリニック表現型解析実施状況を更新しました。
2017/12/11 C57BL/6N を用いた加齢マウスにおけるIMPCパイプライン表現型解析結果を下記のサイトに公表しました。
http://mouseclinic.brc.riken.jp/control-aged_mice/
これらのデータは各種表現型の加齢による変化を把握することができ、個体レベルの老化研究の一助になることが期待されます。
2017/10/27 マウス表現型解析開発チームが参画しているIMPC (国際マウス表現型解析コンソーシアム)のノックアウトマウスの解析で 3006系統の表現型解析から67の聴力欠損遺伝子を同定しました。この成果は、ヒトの病気や疾患モデルマウス生理的表現型を理解する上で重要な示唆を与えることになります。本研究は『Nature Communications』10月12日号に掲載されました。
https://www.nature.com/articles/s41467-017-00595-4 https://www.nature.com/articles/s41467-017-00595-4.pdf
2017/08/25 マウスクリニック表現型解析実施状況を更新しました。
2017/07/11 マウス表現型解析開発チームが参画しているIMPC (国際マウス表現型解析コンソーシアム)の成果の一貫して、2,186 のノックアウトマウスの234項目の表現型の解析結果から、性差が大きく影響していることが明らかになりました。この成果は、ヒトの病気や疾患モデルマウス表現型を理解する上で重要な示唆を与えることになります。本研究は『Nature Communications』6月26日号に掲載されました。
https://www.nature.com/articles/ncomms15475
https://www.nature.com/articles/ncomms15475.pdf
2017/07/03 日本マウスクリニック検査パイプラインを一部改訂しました。

[記事一覧へ]