マウスクリニックの実施について

マウスクリニックの実施に当たっては、ご希望の系統や解析データにおける権利・義務の関係を明確化させて頂くため、当センターと依頼者との間で「マウスクリニック実施同意書」を締結していただきます。 また、マウスクリニックの実施に先立ち、マウス系統の理研バイオリソースセンターへ譲渡もしくは 寄託については 別途同意書を締結する必要もあります。

検査依頼から表現型解析結果報告までの流れ

(図解)検査依頼から表現型解析結果報告までの流れ

理研バイオリソースセンターへの寄託状況にあわせ、下記必要書類をダウンロード後、記入していただいた内容を下記の連絡先まで送付してください。

〒305-0074 茨城県つくば市高野台3丁目1番地の1
国立研究開発法人 理化学研究所 筑波事業所 バイオリソースセンター
マウス表現型開発解析チーム マウスクリニック受付
FAX:029-836-9017
Mail:mouseclinic@brc.riken.jp
 
書類の作成などにつきましてご不明の点がございましたら、お問い合わせください。

マウスクリニック実施依頼と同時に、理研バイオリソースセンターへ寄託される場合、寄託関連の手続きに関しましては、理研バイオリソースセンター実験動物開発室にお問い合わせください (Mail:animal@brc.riken.jp
→BRC実験動物開発室ホームページ(http://www.brc.riken.jp/lab/animal/

各種必要書類 ダウンロードファイル 記入例 バイオリソースセンターへの
寄託
寄託
手続き
済み
寄託する 寄託しない
マウスクリニック依頼
申込書
エクセルファイル
JMC依頼申請書
エクセルファイル
JMC実施関連書類例
マウスクリニック依頼
同意書
PDFファイル
JMC実施同意書
系統情報 Wordファイル
系統情報
Wordファイル
系統情報関連書類記入例
- -
遺伝子組み換え生物の
情報
(依頼系統が遺伝子組み換え生物の場合に限る)
Wordファイル
遺伝子組み換え
- -
(遺伝子組み換え生物の場合)

1.マウスクリニック実施希望検査項目について

パイプライン1は、多領域にわたる検査項目セットから構成されています。基本検査となる標準検査(標準検査)とさらに詳細で限局的な検査を必要とする二次階層検査(詳細検査)から成ります。
パイプライン2は、行動統制検査Aのみの選択となります。行動検査Aの結果より、必要に応じて行動特性B検査を行います。検査内容の詳細につきましては”マウスクリニック検査パイプライン”のページをご参照ください。

2.マウスクリニック実施系統の導入について

解析系統の導入は、雄個体1頭(あるいは凍結精子・胚)を用いた体外受精により検疫個体を生産することから始まります。検疫個体の微生物汚染がないことを確認後、SPF施設内へ移動させ、2段階の生産を経て、最終的に解析個体を生産します。

表現型解析プラットホームへ

3.マウスクリニック実施系統の検査結果の報告について

全検査の実施完了後、データの解析を行います。解析結果および全rawデータは、Eメールにてご送付いたします。その内容は、webブラウザーを介した閲覧ファイル形式となっております。閲覧画面の詳細につきましては、左項目の「Pheno-Pub(公開表現型データベース)」をご参照ください。

  • 理化学研究所
  • バイオリソースセンター