RIKEN BRC/Nanjing University MARC 2nd
International Short Summer Course of the Mouse Research.

南京大学   理化学研究所バイオリソースセンター

開催場所: Model Animal Research Center, Nanjing University
日時:2013年7月29日―31日

南京大学Model Animal Research Center (MARC) (Director: Dr. Xiang Gao)と理研BRC (Director: Dr. Yuichi Obata) は、若い学生にむけた国際マウスサマーコースを共同開催しています。第1回は2012年8月27日~29日に理研BRCがホストで、つくばで開催しました。第2回南京大学/理研BRC国際マウスサマーコースは、南京大学MARCをホストとして、2013年7月29日(月)から31日(水)にかけて南京で行われました。

南京大学を中心に中国から約60名、韓国から1名の学生が参加しました。講師には、中国から10名、韓国、英国、米国からそれぞれ1名、理研BRCからは、小幡センター長、阿部副センター長、吉木室長、小倉室長、若菜チームリーダー、権藤チームリーダー、桝屋ユニットリーダーが招かれました。

下記の4つのテーマで21の講演が行われました。

  1. Genome manipulation and mouse models
  2. Mouse Resource and international consortium
  3. Disease Model and application I
  4. Disease Model and application II
オープンディスカッションでは多くの学生から質問があり、活発な議論がかわされました。

また、7月31日には、下記3つのExperimental courseが行われました。

  1. SHIRPA Operator Training
  2. Microinjection
  3. Visiting the Phenotypic analysis room and echocardiography
SHIRPA Operator Trainingには21名の参加者があり、南京大学 Dr. Qi Xinと共に若菜チームリーダー、桝屋ユニットリーダー、小澤テクニカルスタッフ、廣田室員が講師として招かれました。

次回2014年は7月28日(月)から30日(水)、理研BRC(つくば)で実施予定です。

80名以上が参加
80名以上が参加

修了証書を手渡す、南京大学 Gao教授、理研BRC小幡センター長
修了証書を手渡す、南京大学 Gao教授、理研BRC小幡センター長

日本からの参加者
日本からの参加者