澁谷仁寿 特別研究員、田邉瑠里子 研究生 BIOIMAGING 2019にてBest Image Awardを
W受賞

マウス表現型解析開発チームの澁谷 仁寿 特別研究員、研究生の田邉 瑠里子さん(長浜バイオ大学助手)、田村 勝チームリーダーが、9月21日~23日に帝京大学にて開催された日本バイオイメージング学会年会(BIOIMAGING2019)において、2つの演題“Development of the imaging methods for phenotyping of knockout mice with the X-ray Computed Tomography”、“Titanium Dioxide Nanoparticle is a Brilliant Perfusion Contrast Agent for Visualization and Diagnosis of Small-Animal Microvessel”を共同発表し、2つのBest Image Award(HAMAMATSU Award、NIKON Award)をW受賞しました。

Best Image Awardは、上記学会中、「画像」、「イメージ」、「研究内容」に優れた研究発表に授与されるもので、4件が選ばれます。

HAMAMATSU Awardを授与された澁谷 仁寿 特別研究員(右)とNIKON Awardを授与された研究生の田邉 瑠里子さん(左)

HAMAMATSU Awardを授与された澁谷 仁寿 特別研究員(右)とNIKON Awardを授与された研究生の田邉 瑠里子さん(左)