難培養アーキア(古細菌)の分離培養に成功
- 「微生物ダークマター」の一端を解明 -

理化学研究所バイオリソースセンター微生物材料開発室の加藤真悟開発研究員、伊藤隆専任研究員、雪真弘開発研究員、大熊盛也室長らの共同研究グループの成果が英国の科学雑誌『The ISME Journal』のオンライン版に掲載されました。

本研究において新たに分離培養された好熱性難培養アーキアConexivisphaera calidus(C. calidus)は、微生物材料開発室(JCM)にて保存されており(JCM No. 31663)、提供可能です。