第134回BRCセミナーのお知らせ

マウスES細胞のゲノム安定性に寄与するクロマチンリセット機構

日時:2016年 1月 26日(火) 14:30 ~ 15:30

場所:バイオリソースセンター1階 森脇和郎ホール

講師:秋山 智彦 先生
慶應義塾大学医学部 坂口記念システム医学講座

要旨

ポスター(PDF版)
第134回BRCセミナーのお知らせ

 マウス胚性幹(ES)細胞はゲノムが非常に安定であり、250回以上の細胞分裂を繰り返しても形質転換や細胞死を起こすことなく、細胞老化を乗り越えていく。この半永久的なゲノム安定性には、ES細胞中のわずか1-5%程度しか存在しないZscan4遺伝子発現細胞が重要な働きをする。Zscan4の発現は短時間(約6~12時間)であるが、9継代以内にすべてのES細胞がその発現を経験する。Zscan4発現細胞では、減数分裂期の相同組換え機構を利用したテロメア伸張が起こるほか、受精後に発現する遺伝子およびリピート配列が大量に転写されている。この転写バーストは、通常のES細胞の遺伝子発現を保持しつつ短時間に起こるため、特殊な調節機構が存在すると考えられる。本研究では、ES細胞の中からZscan4発現細胞を分離し、遺伝子発現およびクロマチン構造パターンの網羅的解析を行った。その結果、受精後に発現する遺伝子群およびリピート配列の制御領域において、これまで知られていない特徴的なクロマチン構造が形成されていることが分かり、短時間に転写のon/offの切り替えを可能にする機構の存在が新たに明らかとなった。

連絡先:疾患ゲノム動態解析技術開発チーム 阿部 訓也 (029-836-9198)

申込みは不要です。