別紙:センダイウイルスベクターを用いて作製されたiPS細胞(SeV-iPS細胞)のご利用にあたって遵守頂く重要な事項について

 SeV-iPS細胞は、ディナベック株式会社の知的財産権が関わっている細胞です。非営利機関の非営利学術研究目的の利用に限って、ライセンス料なしで提供しています。
 以下のことを遵守してご利用をお願いいたします。
1. 以下の場合は、必ず事前にディナベック株式会社にご連絡下さい。
a. SeV-iPS細胞またはその派生細胞を非営利学術研究目的以外にお使いになる場合。
b. SeV-iPS細胞またはその派生細胞を営利組織との共同研究にお使いになる場合。
2. SeV-iPS細胞の第三者への再配布は厳にご遠慮下さい。なお、SeV-iPS細胞の使用を希望する第三者がある場合には、理化学研究所バイオリソースセンターへ直接お問い合わせいただく旨、お伝えいただくようお願い致します。
 なお、SeV-iPS細胞またはその派生細胞については非営利学術研究目的以外の利用を禁止しますが、非営利学術研究目的以外の商業用目的の利用とは以下に記載する行為等を指します。
1. 対価を得て第三者に対してSeV-iPS細胞を用いて創出した細胞の分与、サービスの提供、情報の提供、研究成果の提供、機器や装置等の開発を行う受託研究。ただし、分与された研究者が属する研究機関もしくは委託する第三者が商業目的のための当社のライセンスを有する場合は除外することと致します。
2. 開発、治療を目的とした候補化合物のスクリーニング(ハイスループットを含むいかなる方法によるもの)。ただし、非営利機関での、営利機関からの補助等を受けていない非営利学術研究および商業用目的のための当社ライセンスを有する第三者機関のための実施は除外することと致します。
3. 治療薬、診断薬、予防薬の応用開発と製造(リード化合物の選択や最適化を含む)。ただし、商業用目的のための当社ライセンスを有する第三者機関のために実施する場合は除外することと致します。
4. 動物を使用した安全性研究。ただし、非営利機関での営利機関からの援助等を受けていない非営利学術研究および商業用目的のための当社ライセンスを有する第三者機関のための実施は除外することと致します。
5. 営利企業より援助を受けた化合物スクリーニングや応用開発を実施する共同研究者(営利企業に所属する共同研究者を含む)への細胞の移転、ただし、営利企業が商業用目的のための当社ライセンスを有する場合は除外することと致します。
6. 当社商業用目的のためのライセンスを得ないで実施する、SeV-iPS細胞またはその派生細胞を用いて得られた薬剤候補の商業化、培養装置、培地等の開発。
連絡先:
ディナベック株式会社
郵便番号300-2611 茨城県つくば市大久保6番
電話:029-877-5155 (代表) ファックス:029-877-5160
細胞関係お問い合わせ先:cytotune@dnavec-corp.com