理化学研究所けいはんな地区iPS細胞創薬基盤開発連携拠点開所式典が行われました

理化学研究所は2018年4月9日、京都府との共催により、けいはんなプラザ(京都府相楽郡精華町光台1-7)において、iPS細胞創薬基盤開発連携拠点開所式典、ならびにシンポジウム・交流会を行ない、連携拠点設置にご尽力いただいた方々や、今後の事業展開に関わる方々、総勢約150名にご臨席いただきました。

京都大学iPS細胞研究所 山中伸弥 所長、文部科学省、京都府、理化学研究所 松本紘 理事長、理化学研究所科技ハブ産連本部のご理解とご支援を受けて、バイオリソース研究センター(BRC)iPS創薬基盤開発チーム井上治久チームリーダー)は、この度、京都府が整備した けいはんなプラザスーパーラボ棟において、本格的な研究活動を開始しました。

iPS創薬基盤開発チームは、京都大学iPS細胞研究所との連携により、BRCが保有する疾患特異的iPS細胞を用いて、創薬研究に資する分化誘導法開発、ならびに創薬研究レベルまで進展している疾患を対象に、企業に対して創薬研究の支援を実施します。これらの活動により、我が国の創薬研究の加速に貢献し、難病に苦しむ患者とその家族、また社会的期待にお応えします。

集合写真
臨席者の記念撮影
小幡センター長のプレゼンテーション
主宰者挨拶する理研 松本 紘 理事長
会場の様子
主宰者挨拶する山田啓二 京都府知事
理研BRCからの参加者
祝辞を述べられる
文部科学省 千原由幸 大臣官房審議官
理研BRCからの参加者
祝辞を述べられる
関西経済連合会 松本正義 会長
理研BRCからの参加者
祝辞を述べられる
関西文化学術研究都市推進機構 柏原康夫 理事長
理研BRCからの参加者
祝辞を述べられる
京都大学iPS細胞研究所 山中伸弥 所長
理研BRCからの参加者
BRCの事業について説明する
小幡裕一 センター長
理研BRCからの参加者
拠点での研究概要について説明する
井上治久 チームリーダー
理研BRCからの参加者
閉会の挨拶をする理研 小寺秀俊 理事
理研BRCからの参加者
BRCの事業/研究をポスターで紹介する
BRCチームリーダー