理研バイオリソースセンターと韓国国家研究素材センター、中国科学院微生物研究所との覚書締結について

anrrc logo knrrc logo cas logo brc logo

 国立研究開発法人理化学研究所バイオリソースセンター(RIKEN BRC センター長:小幡裕一)と 韓国国家研究素材センター(Korea National Research Resource Center:KNRRC)(所長:Yeonhee LEE) 並びに中国科学院微生物研究所(Institute of Microbiology Chinese Academy of Science:IMCAS)(所長:Shuang-Jiang LIU)は、 3機関の国際協力並びにAsian Network of Research Resource Centers (ANRRC)の運営に関する覚書を、2015年10月28日(木)に 締結しました。

 3機関の協力関係をさらに推進するという共通の願望並びに関係する分野における協力の強化による 3機関の共通の利益という認識から、本同意書は締結されました。3機関の協力は、アジアにおけるバイオリソース およびその情報へのアクセスを促進し、共同研究、研究者の交流等を推進するとともに、ANRRCを先導することにも繋がります。 さらに、21世紀におけるバイオリソースの持続的な利用および新たな材料の開発をもたらします。3機関の協力は、科学、技術、 イノベーションの発展を促進し、究極的には、アジアにおける科学の進歩、人類の繁栄に貢献します。

参加者
韓国:Dr. Yeonhee LEE (KNRRC), Mr. Hyang SUM(韓国大使館)
中国:Dr. Shuang-Jiang LIU (IMCAS), Dr. Juncai MA (IMCAS), Mr. SONG WU (中国大使館)
日本:Dr. Yuichi OBATA (RIKEN BRC), Mr. Fumio OMAE (RIKEN BRC)

The signed MOU
The signed MOU

Dr. Shuang-Jiang LIU(Left)  Dr. Yeonhee LEE(Center)  Dr. Yuichi OBATA(Right)

Dr. Juncai MA  Dr. Shuang-Jiang LIU  Mr. Hyang SUM  Dr. Yeonhee LEE  Mr. Song WU  Dr. Yuichi OBATA  Mr. Fumio OMAE