乾燥に適応するためのホルモン制御の仕組みを解明
- 乾燥ストレス応答に関わる植物ホルモン合成の制御因子の発見 -

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター機能開発研究グループの佐藤輝特別研究員、篠崎一雄グループディレクター、 バイオリソース研究センター実験植物開発室の井内聖専任研究員らの研究成果が『Proceedings of the National Academy of Sciences』に掲載されました。

本研究成果全体の概要は、理研・埼玉大学・東京大学 共同プレスリリース(PDF)をご参照ください。

転写因子抑制技法(CRES-T法)を用いて作製されたリソースは、産業技術総合研究所から理研BRCに寄託されており、提供可能となった系統から順番に公開される予定です。