理化学研究所国際シンポジウム「IMPC国際シンポジウムin横浜」開催のお知らせ

 2015年11月12日(木)午後1時00分から、横浜市開港記念会館(神奈川県横浜市)で理化学研究所国際シンポジウム「IMPC国際シンポジウムin横浜」を開催する運びとなりました。
 IMPC(国際マウス表現型解析コンソーシアム)は、マウスをモデルとして、ヒト・哺乳類のゲノム情報と表現型(血液成分、聴覚、視覚などの生理的な症状や行動特性の形質)の関係性を明らかにしようとする、国際共同研究プロジェクトです。
 これには英国のMRC(Medical Research Council)分子生物学研究所,フランスのICS(Institut Clinique de la Souris)、ドイツのGMC(German Mouse Clinic),米国のジャクソン研究所をはじめ世界18カ所の主なマウスリソース解析機関が参加しており、日本からは唯一理化学研究所バイオリソースセンターが参画しております。
 今回IMPCの主たる研究者が来日されるのを機にIMPC国際シンポジウムin横浜を開催し、IMPCの順調な成果を公表するとともに、欧米でのIMPCマウスの利用と創薬、基礎医学の発展に向けた実情の紹介、さらに、国内でマウスを使って創薬に取り組んでいる国内研究者を招いて、実際、どのように創薬の研究などに利用しているのかを紹介していただきます。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。


【開催日】  2015年11月12日(木) ※プログラム
【時間】  13:00-17:30
【対象】  生命科学研究や医薬品開発に関心のある方
【会場】  横浜市開港記念会館(〒231-0005 横浜市中区本町1丁目6番地)
【定員】  100名程(参加無料)
【使用言語】  英語
【主催】  理化学研究所 バイオリソースセンター
【詳細】  IMPC国際シンポジウムin横浜
 ※プログラム、申し込み方法等は上記サイトをご確認ください。
【問い合わせ先】  国立研究開発法人理化学研究所 バイオリソースセンター
 IMPC国際シンポジウム事務局
 TEL:029-836-9013 FAX:029-836-9017
 Mail:impc2015@ml.brc.riken.jp