生命の設計図の破壊的リノベーションをもたらすハイブリッドゲノムの安定化機構

東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 岩崎渉 准教授らは、異なる生物種の交雑によって生じるハイブリッドゲノムが、新たな生物種に固有のゲノムとして安定化されていく仕組みを明らかにしました。また、一般に不安定であるハイブリッドゲノムの安定化機構を解明する上で、トリコスポロン属の酵母ゲノムが理想的な研究対象であることを見出しました。

生命の設計図の破壊的リノベーションをもたらす
ハイブリッドゲノムの安定化機構
東京大学 大学院 理学系研究科・理学部 生命の設計図の破壊的リノベーションをもたらすハイブリッドゲノムの安定化機構
続きを見る...

ハイブリッドゲノムは産業上重要な生物においても見られることから、本件研究により、その生物の活用・制御上において貢献が期待されます。

この研究には、BRC微生物材料開発室の大熊盛也室長、高島 昌子ユニットリーダー、理研 ライフサイエンス技術基盤研究センターの眞鍋理一郎上級研究員が共同研究者として参加しております。

本研究成果の概要は、東京大学大学院理学系研究科・理学部からのお知らせをご参照下さい。