paper 01

日本遺伝学会第84回大会共催 公開国際シンポジウム
Epigenomic regulation of cell fate determination and homeostasis in various organisms
(多様な生物における細胞の運命決定・恒常性維持とエピゲノム制御)

Home > リンク > 日本遺伝学会第84回大会共催公開国際シンポジウム

日時・場所など

日程:平成24年9月24日(月) 14:00~17:00
場所:九州大学医学部百年講堂 大ホール
使用言語:英語

日本遺伝学会第84回大会HPhttp://gsj2012.bioreg.kyushu-u.ac.jp/index.html

テーマ・世話人

テーマ:Epigenomic regulation of cell fate determination and homeostasis in various organisms
     (多様な生物における細胞の運命決定・恒常性維持とエピゲノム制御)
世話人:角谷 徹仁(国立遺伝学研究所)、佐々木 裕之(九州大学 生体防御医学研究所)領域代表者
共催:日本遺伝学会第84回大会


概要

エピゲノム制御は多様な生物種において細胞の運命決定や恒常性維持に関わっている。具体的には、発生関連遺伝子の転写制御、細胞核のリプログラミング、セ ントロメアやヘテロクロマチンの形成と維持、トランスポゾンの転写と転移の抑制、そして生物の多様性や進化などにおいて、エピゲノム制御は中核的な役割を 果たしている。本シンポジウムでは、超高速シークエンサーを用いた網羅的エピゲノム解析の結果をふくめ、分裂酵母、シロイヌナズナ、ショウジョウバエ、マウスからヒトに至る様々な生物で明らかになってきた、細胞運命決定と恒常性維持におけるエピゲノム制御について討論する。このシンポジウムは英語で行う。

Epigenomic regulation is involved in cell fate determination and homeostasis in various organisms. It pkays an important role in transcriptional regulation of developmental genes, nuclear reprogramming, formation and maintenance of centoromere and heterochromatin, suppression of transcription and transposition of transposons, phenotypic variation and evolution. Inthis symposium, we discuss the epigenomic mechanisms of cell fate determination and homeostasis in various organisms, including fission reast, Arabidopsis, Drosophila, mouse and human, by incorporationg epigenomic date obtained by high-throughput DNA sequencers. English will be used throughout this symposium.

演者

S1-1 小倉 淳郎(理化学研究所 バイオリソースセンター) 計画研究代表者
S1-2 佐々木 裕之(九州大学 生体防御医学研究所)領域代表者
S1-3 塩見 春彦(慶応義塾大学大学院 医学研究科)
S1-4 Rob Martienssen(Cold Spring Harbor Laboratory, NY, USA, Professor)
S1-5 角谷 徹仁(国立遺伝学研究所)
S1-6 深川 竜郎(国立遺伝学研究所)