目的と意義

Home > 目的と意義

研究の概要

生殖細胞系列は、生物個体をかたち作るさまざまな細胞のなかで唯一、次世代へ遺伝情報を伝達することのできる細胞系列である。この目的を達成するため、各世代において生殖細胞系列への運命決定、減数分裂と卵子・精子形成、受精と発生能の獲得といったサイクルが連綿とくり返される。
本特定領域研究では、哺乳動物の生殖細胞系列の世代サイクルが回転するしくみを理解し、その過程で起こる核機能のリプログラミングの実体解明をめざす。そのための重要な切り口として、エピゲノム調節のネットワークについての研究を推進する。これにより、クローン技術をはじめとする発生工学技術および生殖補助医療の改善への基礎的知識の集積を図る。

本特定領域の目指すもの

goal-1哺乳類を主な研究対象として
 1.生殖系列の世代サイクルとその機構を理解する
 2.リプログラミングの実体を解明する
そのための切り口として
 3.エピゲノム調節のネットワーク研究を推進する