paper 01

広報担当よりご挨拶 2010年1月

Home > 班員の皆様へ >広報担当よりご挨拶

 

皆さん,(遅ればせながら)明けましておめでとうございます。

本年もこの特定領域研究「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」HPをどうぞよろしくお願いいたします。

さて,これまでもこのHPを通じて皆様への情報発信を行ってきましたが,年頭にあたり今年の活動目標を述べてみたいと思います。今年は,11月に福岡で国際シンポジウムが開催されます。John Gurdon博士をはじめとして,世界的に著名な研究者が多数参集し,エキサイティングな発表,活発な議論が展開されることと思います。このシンポジウムを契機に生殖細胞,エピジェネティクスという分野の研究をさらに発展させていければ,と思います。

このシンポジウムを成功させるには,もちろん参加してくださる皆さんの研究成果,その質が問われるわけですが,それに関しては広報担当としては心配しておりません。多くの方にこのシンポジウム,あるいはこの特定領域研究そのものを知っていただくよう努力するのが担当者の役割と思います。そのためには,現在,日本語でしか見ることができないこのHPを英語でも見られるようにする,ということが大事と思います。この作業をなるべく早く進めたいと思います。班員の皆様にはご協力をお願いすることもあるかと思いますので,その節はどうぞよろしくお願いいたします。

また,シンポジウムの特集記事のようなものも掲載していきたいと思います。これまでも,シンポジウム後に若手の方にレポートをお願いしていました(昨年11月の第2回公開シンポジウム報告もこの度掲載しました。どうぞご覧下さい)。

今年のシンポジウムでも,レポート掲載は行いたいと思います。また,他にもこのようなものがあったら面白い,というアイデアがあったら是非お知らせください(例えば,著名な招待講演者のプロフィールやインタビュー記事など)。

では,本年も皆様のご研究がさらに発展すること,そして国際シンポジウムにおいて新たな交流が生まれることを祈っております。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

文部科学省 特定領域研究 「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」
Grant-in-Aid for Scientific Research on Priority Areas, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan Copyright(C)
THE GERMLINE: Its Developmental Cycle and Epigenome Network. All Rights Reserved.