Homeニュース一覧

ニュース一覧

2018年   9月 第111回日本繁殖生物学会大会において、三浦健人さんが優秀論文賞(2017)を
受賞しました。 三浦健人さん優秀論文賞受賞写真フォトアルバムへ
"Defects in the first wave of folliculogenesis in mouse XO ovaries."
    7月 当室の研究成果がプレス発表されました。 報道発表資料
クローン胚の新たなエピゲノム異常を発見
−ヒストン修飾によるゲノムインプリンティングが破綻−
     3月 長谷川歩未さんが理研技術奨励賞を受賞しました。 長谷川歩未さん理研技術奨励賞受賞写真フォトアルバムへ
"Development of cryopreservation technologies and their related techniques in laboratory mice"
2017年  12月 BRC Current Technology No.11 が掲載されました。
『初の野生由来MSM/Msノックアウト系統を開発』
− 野生マウスをおとなしく −BRC Current Technology No.11 『初の野生由来MSM/Msノックアウト系統を開発』詳細内容へ
   10月 長谷川歩未さんが第51回実験動物技術者総会において日本実験動物協同組合賞を受賞しました。長谷川歩未さん日本実験動物協同組合賞を受賞フォトアルバムへ
「多くのマウス系統で効果的な新しい過排卵誘起法」
   9月 当室の研究成果がプレス発表されました。
「哺乳類の受精における精子ゲノム再構築機構を解明」
− 受精に必須のヒストンメチル化を発見 −プレス発表「哺乳類の受精における精子ゲノム再構築機構を解明」内容紹介
   5月 当室の客員研究員 本多新さんの研究成果がプレス発表されました。
「絶滅危惧種のiPS細胞から卵子と精子」
− 進化に適応した細胞の柔軟性を発見 −客員研究員 本多新さんの研究成果プレス発表内容紹介
   5月 当室の研究成果がプレス発表されました。
「核移植技術でアレルギーマウス誕生」
− アレルギー疾患の原因解明と治療に期待 −研究成果プレス発表「核移植技術でアレルギーマウス誕生」内容紹介
   5月 当室の研究成果がプレス発表されました。
「小分子RNAの胎盤での役割」
− マイクロRNAがマウスの妊娠中の胎盤形成を促進する −研究成果プレス発表「小分子RNAの胎盤での役割」内容紹介
   2月 当室の研究成果がプレス発表されました。
「野生マウスをおとなしく」
− ゲノム編集技術を応用、野生マウス系統の研究利用促進へ −矢印内容紹介
   2月 当室の協力した研究成果が東京医科歯科大学でプレス発表されました。
「Y染色体遺伝子Zfy1、Zfy2の精子形成における相補的で多段階にわたる機能を解明」
― 受精障害や初期胚発生障害の一部の原因解明への期待 ―協力研究成果が東京医科歯科大学にてプレス発表「Y染色体遺伝子Zfy1、Zfy2の精子形成における相補的で多段階にわたる機能を解明」内容紹介
2016年  6月 当室の協力した研究成果が筑波大学でプレス発表されました。協力研究成果が筑波大学にてプレス発表「精子頭部を正しく形作るために必要なタンパク質を発見」内容紹介
「精子頭部を正しく形作るために必要なタンパク質を発見」BRCサイト
〜男性不妊症の原因究明と新規診断法につながる成果〜
   5月 小倉淳郎室長が第63回日本実験動物学会総会において安東・田嶋賞を受賞しました。 小倉淳郎室長が第63回日本実験動物学会総会において安東・田嶋賞を受賞 関連記事BRCサイト 小倉淳郎室長が第63回日本実験動物学会総会において安東・田嶋賞を受賞フォトアルバム
「バイオリソースに資する発生工学技術の開発とその応用研究」
   3月 Domenico Iusoさんが国際核移植シンポジウムにおいてベストポスター賞を受賞しました。 Domenico Iusoさんが国際核移植シンポジウムにおいてベストポスター賞を受賞フォトアルバム
"Exogenous Expression of Human Protamine 1 (hPrm1) Remodels Fibroblast Nuclei into Spermatid-like Structures"
2015年  12月 BRC Current Technology No.10 が掲載されました。
『近交系マウスの効果的な過排卵誘起法』
-生殖・発生工学技術の効率が3 倍アップ- BRC Current Technology No.10『近交系マウスの効果的な過排卵誘起法』詳細内容へ
   11月 畑中勇輝さんの論文が PNAS に掲載されました。 畑中勇輝さんの論文掲載PNASサイト 畑中勇輝さんの論文内容プレスリリース
"Histone chaperone CAF-1 mediates repressive histone modifications to protect preimplantation mouse embryos from endogenous retrotransposons"
    9月 第108回日本繁殖生物学会大会において、長谷川歩未さんが優秀論文賞を受賞しました。第108回日本繁殖生物学会大会において、長谷川歩未さんが優秀論文賞を受賞フォトアルバム 第108回日本繁殖生物学会大会において、長谷川歩未さんが優秀論文賞を受賞 関連記事BRCサイト
"Microdroplet In Vitro Fertilization Can Reduce the Number of Spermatozoa Necessary for Fertilizing"
    3月 廣瀬美智子さんが理研技術奨励賞を受賞しました。 廣瀬美智子さんが理研技術奨励賞を受賞フォトアルバム
"Establishment of new strains and stem cell lines in laboratory animals"
    3月 理研バイオリソースセンターでゲノム編集マウスワークショップが開催されました。
ゲノム編集マウスワークショップが開催フォトアルバム ゲノム編集マウスワークショッププログラム
    2月 当室の協力した研究成果が京都大学でプレス発表されました。
『精子幹細胞の新しい自己複製様式の発見』   協力研究成果が京都大学にてプレス発表『精子幹細胞の新しい自己複製様式の発見』内容紹介
2014年  11月 BRC Current Technology No.9 が掲載されました。
『生殖細胞を用いた核移植』
−発生エピジェネティクス研究への応用− BRC Current Technology No.9『生殖細胞を用いた核移植』詳細内容へ
    8月 第107回日本繁殖生物学会大会において、畑中勇輝さんが優秀発表賞を受賞しました。第107回日本繁殖生物学会大会において、畑中勇輝さんが優秀発表賞を受賞フォトアルバムへ 第107回日本繁殖生物学会大会において、畑中勇輝さんが優秀発表賞を受賞 関連記事BRCサイト
    8月 第107回日本繁殖生物学会大会において、及川真実さんが優秀論文賞を受賞しました。第107回日本繁殖生物学会大会において、及川真実さんが優秀論文賞を受賞フォトアルバムへ 第107回日本繁殖生物学会大会において、及川真実さんが優秀論文賞を受賞 関連記事BRCサイト
    7月 当室の協力した研究成果が横浜市立大学先端医科学研究センターでプレス発表されました。
『凍結精巣組織片からの精子産生と産仔に成功』協力研究成果が横浜市立大学先端医科学研究センターにてプレス発表『凍結精巣組織片からの精子産生と産仔に成功』内容紹介
    1月 当室の協力した研究成果が産業技術総合研究所でプレス発表されました。
『精子無力症の原因となる糖転移酵素様遺伝子を発見』
−精子形成に関わる重要な遺伝子の発見−協力研究成果が産業技術総合研究所にてプレス発表『精子無力症の原因となる糖転移酵素様遺伝子を発見』内容紹介
2013年  11月 畑中勇輝さんが生殖エピゲノム若手勉強会2013においてベストプレゼン賞を受賞しました。畑中勇輝さんが生殖エピゲノム若手勉強会2013においてベストプレゼン賞を受賞発表風景
   11月 BRC Current Technology No.8 が掲載されました。
『顕微操作胚由来ES細胞の樹立』
−系統保存および遺伝学研究のリソース−BRC Current Technology No.8『顕微操作胚由来ES細胞の樹立』詳細内容へ
   8月 上村悟氏さんが第10回アジア生殖工学会においてベストポスター賞1位受賞上村悟氏さんが第10回アジア生殖工学会においてベストポスター賞1位受賞発表風景
   8月 当室の研究成果が宮崎大・理研で共同プレス発表されました。
『ヒト型iPS細胞の品質を改善することに成功』
 −iPS細胞を分化誘導が困難な目的細胞へ変化させる方法を開発−研究成果が宮崎大・理研で共同プレス発表『ヒト型iPS細胞の品質を改善することに成功』内容紹介
   6月 当室の研究成果についてプレス発表されました
『1滴の血液からクローンマウスを誕生させることに成功』
 −生きた個体からの迅速簡便なクローニング法を確立−研究成果についてプレス発表『1滴の血液からクローンマウスを誕生させることに成功』内容紹介
   6月 BRC Current Technology No.7 が掲載されました。
『血液一滴からクローンマウス』
 −不妊ファウンダーマウスや「最後の一匹」からマウス系統を救う−BRC Current Technology No.7『血液一滴からクローンマウス』詳細内容へ
   6月 当室の研究成果が京都大学・近畿大学・理研で共同プレス発表されました
『活性酵素の精子幹細胞に対する増殖促進作用を解明』研究成果が京都大学・近畿大学・理研で共同プレス発表『活性酵素の精子幹細胞に対する増殖促進作用を解明』内容紹介
   5月 及川真実さんが第54回卵子学会総会において優秀発表賞を受賞しました。
       及川真実さんが第54回卵子学会総会において優秀発表賞を受賞フォトアルバムへ
   3月 越後貫成美さんが平成24年度 理研 技術奨励賞を受賞しました。
       越後貫成美さんが平成24年度 理研 技術奨励賞を受賞「マウス顕微鏡受精技術の新規開発およびバイオリソース事業への応用」フォトアルバムへ
「マウス顕微鏡受精技術の新規開発およびバイオリソース事業への応用」
"Development of mouse microinsemination techniques and their applications
to bioresource project"
   2月 BRC Current Technology No.6 が掲載されました。
「マウス顕微授精の大規模要因解析」BRC Current Technology No.6「マウス顕微授精の大規模要因解析」詳細内容へ
   1月 的場章悟さんが基礎科学特別研究員発表賞を受賞しました。
   1月 長谷川歩未さんが平成24年度 実験動物2級技術者資格認定試験優秀者(一般)として
表彰されました(387人中9位)。
2012年 10月 廣瀬美智子さんが第9回アジア生殖工学会においてベストポスター賞2位受賞を受賞しました。廣瀬美智子さんが第9回アジア生殖工学会においてベストポスター賞2位受賞受賞風景
  10月 水谷英二さんが第9回アジア生殖工学会においてベストポスター賞入賞しました。
  10月 的場章悟さん、平成25年度学術振興会海外特別研究員採用
平成24年度持田記念医学薬学振興財団留学補助金取得
   9月 的場章悟さんがハーバード大学に着任しました。
   8月 BRC Current Technology No.5が掲載されました。
「抗インヒビン抗体による過排卵誘起法」BRC Current Technology No.5「抗インヒビン抗体による過排卵誘起法」詳細内容へ
   5月 上村悟氏さん 第59回日本実験動物学会において 若手優秀発表賞受賞
   4月 井上貴美子さんが平成24年度科学技術分野での文部科学大臣表彰(若手科学者賞)受賞井上貴美子さんが平成24年度科学技術分野での文部科学大臣表彰(若手科学者賞)受賞 関連記事文科省サイトへ 井上貴美子さんが平成24年度科学技術分野での文部科学大臣表彰(若手科学者賞)受賞 関連記事理研サイトへ
   4月 BRC Current Technology No.4が掲載されました。
「異所性生殖細胞移植技術」BRC Current Technology No.4「異所性生殖細胞移植技術」詳細内容へ
   4月 水谷英二さんが山梨大学助教に採用され、着任しました。(4月1日)
   3月 本多 新さんが宮崎大学テニュアトラック准教授に採用され、着任しました。(3月1日)
   1月 BRC Current Technology No.3 が掲載されました。
「Xist遺伝子の発現調節による体細胞クローン技術」BRC Current Technology No.3「Xist遺伝子の発現調節による体細胞クローン技術」詳細内容へ
2011年  11月 的場章悟さんの研究成果が PNAS に掲載され、プレスリリースされました。
「遺伝子改変なしにクローンマウスの出生率を10倍高める技術を開発」的場章悟さんの研究成果 PNAS に掲載され、プレスリリース「遺伝子改変なしにクローンマウスの出生率を10倍高める技術を開発」理研サイトへ
   10月 BRC Current Technology No.2 が掲載されました。
「First-Wave雄性生殖細胞を用いた超迅速コンジェニック化技術」BRC Current Technology No.2「First-Wave雄性生殖細胞を用いた超迅速コンジェニック化技術」詳細内容へ
   9月 井上貴美子さんの紹介記事が「科研費NEWS」に掲載されました
   6月 実験動物開発室(マウスバンク)HPに遺伝工学基盤技術室の技術紹介(BRC Current Technology)の掲載が始まりました。
第一回目は、High Osmolality Vitrification (HOV)です。BRC Current Technology No.1 『High Osmolality Vitrification (HOV)』詳細内容へ
   5月 本多新さん 第58回日本実験動物学会総会で奨励賞受賞本多新さん 第58回日本実験動物学会総会で奨励賞受賞実験動物学会HPへ
   3月 的場さんの論文が Biology of Reproduction 誌に掲載され、
同号の Commentary で紹介されました。
"Functional Germ Cells: The Power of Soma" by Bernard A. J. Roelen
   2月 本多さんの記事が岐阜新聞その他に掲載されました。
「iPS細胞ウサギで作製 − 臨床応用へジャンプ 理化学研」本多さんの記事が岐阜新聞その他に掲載「iPS細胞ウサギで作製 臨床応用へジャンプ」(pdf)記事を読む
2010年  11月 本多新さん The 4th AFLAS Congress Meeting ベストポスター賞受賞 
   9月 井上貴美子さんの研究成果がScienceに掲載され、
プレスリリースされました。
「マウス体細胞クローンの産子出生効率が10倍近くも改善」井上貴美子さんの研究成果がScienceに掲載されプレスリリース 「マウス体細胞クローンの産子出生効率が10倍近くも改善」理研サイトへ
   9月 本多新さんの論文が、J Biol Chem誌2010年8月のMost-Read Aeticles
第6位(2010年論文の第2位)に入りました。
   9月 的場章悟さん
第103回繁殖生物学会大会 優秀発表賞受賞 
   8月 本多新さんの研究成果がプレスリリースされました。
「ウサギiPS細胞の樹立に世界で初めて成功 -再生医療研究に向け「ヒト型」の新細胞材料を提案- 」 
   4月 的場章悟さん 基礎科学特別研究員として新規採用 
 2009年  11月 廣瀬美智子さん
アジア繁殖生物学会第6回大会 優秀ポスター賞受賞
   10月 本多新さん 「さきがけ研究者」として採用 
   5月 越後貫成美さん 第56回日本実験動物学会総会で奨励賞受賞 
     
ページトップへ
Copyright (C) クールな無料テンプレセット004 All Rights Reserved.