top1
 
English
ホーム メンバー 日本マウスクリニック 遺伝子マッピング RIKEN Modified SHIRPA 連絡先 リンク
banner_home

研究開発プロフィール
マウス表現型解析開発チームではヒト疾患の病態の理解に基づいて、400に及ぶ検査項目を含んだ体系的かつ 網羅的な表現型解析プラットフォームを構築し、バイオリソースセンターに寄託されている突然変異マウス系統を中心に表現型解析を実施します。 この検査によりこれまで見いだされなかった新たな表現型が見出され、新規のヒト疾患モデルとして再評価されることが期待されます。 また、欧米で進行しているEUMODIC(European Mouse Disease Clinic)やMPP(Mouse Phenome Project)等の 大規模マウス表現型解析プロジェクトと連携して、マウス表現型解析整備事業について国際貢献を果たしていきます。 さらに、ヒト疾患の臨床型データとの対応づけを行なうことで、国内のマウスリソース付加価値をより一層向上させ、 マウスリソースの整備および知的基盤整備に貢献していきます。
さらに、われわれが開発した高速遺伝子マッピングシステムを活用し、研究者の依頼に応じてジェノタイピングを実施し 変異マウスの責任遺伝子座の特定かつ付加価値向上を目指します。

事業内容
  • 遺伝子改変マウスを中心に基本解析パイプラインと詳細解析パイプラインによる階層的かつ網羅的なマウス表現型解析を実施します(日本マウスクリニック)。
  • 標準マウス表現型解析プロトコール(SOP)の整備を行い、欧米のEUMODIC(European Mouse Disease Clinic)やMPP(Mouse Phenome Project)等の大規模マウス表現型解析プロジェクトと連携していきます。
  • ヒト疾患の臨床型データとの対応づけを行なうことで、国内外のマウスリソース付加価値をより向上させ、リソースの基盤整備に貢献していきます。
  • 高速遺伝子マッピングシステムによるジェノタイピングを実施し変異マウスの責任遺伝子座の特定を支援して参ります。

jmc


brclogo
国立研究開発法人 理化学研究所 筑波事業所 バイオリソースセンター
〒305-0074 茨城県つくば市高野台3丁目1番地の1
Copyright RIKEN, Japan. All rights reserved.