RIKEN BRC
生体情報統合技術開発チーム
技術開発チームプロフィール  
各種リソースの遺伝子、細胞、組織、個体の各レベルにおける情報因子の流れやそれらのネットワークを解析する技術の開発等を行います。当該開発チームは生体応答情報技術開発サブチーム、細胞運命情報解析技術開発サブチームの2チームで構成されています。 チームリーダー
小幡 裕一 (理博)
(兼務)
生体応答情報技術開発チーム
サブチームプロフィール  

 我々のチームは、BRCに寄託・収集されている各種リソースの特性を解析し、リソースの付加価値の向上を図り、BRCからより付加価値の高いリソースの提供に寄与することと、リソースの有効活用に資する特性情報の提供を目指した特性解析のための技術開発を行っています。リソースの特性解析としては、外界からの刺激に対する生体応答のネットワーク機構において機能する遺伝子、タンパクの発現プロファイリングを行います。これらの特性情報を個体レベルでの応答様式情報と併せ、生体応答に関する統合的な特性情報をデジタル化して提供することを目標としております。主にマウスを用いて、生体応答機構の鍵となる転写因子NF-κBに焦点を当て、その異常によって引き起こされる生体応答(発がん、感染症、自己免疫疾患、炎症性疾患)について解析を進め、各疾患の機序解明のための研究に寄与する事を目指しております。特性情報のデジタル化として、組織の包括的な発現解析に加えて、組織内の発現の局在を視覚化して明示する画像解析を行います。さらに、これら利用価値の高い特性情報を、ユーザーにとって利便性の高い方法で提供するための技術開発を行っています。

サブチームリーダー土井 貴裕(医博) サブチームリーダー
土井 貴裕(医博)

技術開発

NF-κBネットワーク機構を介した生体応答機序の解析
  1. リソースの特性(遺伝子発現情報とタンパク発現情報)のデジタル化技術の開発
  2. リソースの特性の視覚化(組織レベルにおいて遺伝子発現の局在性を明示)のためのイメージング技術の開発
  3. リソースの特性情報を利便性の高い方法で提供する技術の開発
  4. 種特異的、組織特異的遺伝子発現を活用した各種リソースの品質管理・維持に不可欠な起源・由来特定のための技術開発

プロジェクト

NF-κBと免疫応答
  1. 実験的大腸がんモデルを用いたがんの発生過程におけるNF-κB の作用機序の解明
  2. 細胞死メカニズムに拮抗する働きをもつNF-κBの作用機序の解明
  3. 自然免疫機構におけるNF-κBの制御機序の解明
  4. 感染に対する生体防御機構におけるNF-κBの作用機序の解明
  5. 炎症性疾患(潰瘍性大腸、Crohn病)におけるNF-κBの作用機序の解明
  6. 免疫疾患(自己免疫疾患、関節リウマチ)の発症におけるNF-κBの制御機序の解明

戻る