新規変異マウス研究開発チームホームページへ
RIKEN BRC

新規変異マウス研究開発チーム

 

プロフィール  

 バイオリソースを開発していくうえで、ゲノムに効率よく突然変異を誘発する技術や生じた変異を高速高精度に検出する技術が必須です。また、ゲノムワイドにDNA配列変化をモニターできれば、バイオリソースの評価や品質管理も向上し信頼性が高まります。当チームでは、マウスをモデル系として高等生物ゲノム上に生じる点突然変異を高速高精度に検出発見する基盤技術の開発を行ないます。さらに開発した基盤技術を駆使して、ゲノム機能解明や疾患モデル構築につながるモデルマウス開発を行ないます。また、国内外のユーザに向け、開発したリソースの利用実用化も押し進めていきます。用いる変異原は点突然変異を高頻度で誘発するエチルニトロソウレア(ENU)です。ゲノム上にランダムに生じた1塩基置換を最新の技術で検出することにより研究対象とする遺伝子やヒト疾患の原因候補と言われる遺伝子に点突然変異をもつマウス系統を開発提供します。通常の遺伝学的手法と異なり、遺伝子上の変異をまず検出しどういった生物学的機能を司るかを解明していくため「gene-driven mutagenesis」または「逆遺伝学」と呼ばれる方法です。

チームリーダー 権藤 洋一(Ph.D)
チームリーダー
権藤 洋一(Ph.D)
技術開発
システム全体の概要
リンク
理研ENUジーンドリブンマウスミュータジェネシス

戻る