RIKEN BioResource Center

 

第19回独立行政法人理化学研究所と産業界との交流会
参加報告

 
 参加報告のPDF版はこちらです。RIKEN BioResource Center 

  平成18年2月15日(水)にホテルオークラ・平安の間におきまして、第19回独立行政法人理化学研究所と産業界との交流会(理研と親しむ会)が開催されました。パネルなどの展示、講演会、懇親会が行われました。企業や文部科学省等から300名以上の方々のご参加がありました。バイオリソースセンターからも小幡センター長、久保田副センター長、パネル説明者として小林室長、小倉室長、推進部・伊藤が参加いたしました。

  パネルなどの展示では、理研の各所・センター及び理研ベンチャーから最近の研究成果・装置などについて説明や意見交換が行われました。バイオリソースセンターからは「センターの概要」と「技術研修」についてのパネルを展示し、パンフレットやカタログもお見せしながら来場者に説明等行いました。また、技術研修でも取扱っているシロイヌナズナやタバコの植物培養細胞の実物を展示しました。

 講演会では、野依理事長からの挨拶の後、武田理事から「産業界との新たな連携について」、放射光科学総合研究センター・新竹主任研究員から「産業界の技術の粋を結集して−次世代加速器 X線自由電子レーザー(XFEL)への挑戦」、遺伝子多型研究センター・中村センター長から「体質を科学する遺伝子多型研究」の講演が行われました。

 その後開催された懇親会では、小坂文部科学大臣のご挨拶の後、産業界の方々に加え、大臣、副大臣、政務官をはじめとした文部科学省の方々との交流がなされ、また展示の前で担当者より説明を受けられました。バイオリソースセンターのパネルには、小坂大臣が訪問され、小幡センター長の説明を熱心に聞き入られていました。


【会場の様子】

BRCのパネル前にて
小坂大臣に小幡センター長よりご説明。

小幡センター長、小坂大臣

小倉室長、小林室長より展示等のご説明。 植物培養細胞の実物などを展示。
講演会の様子1

講演会の様子2

 

第19回独立行政法人理化学研究所と産業界との交流会 

会次第

 

○  午後4時〜3時45分 「理研の最近の研究成果」パネル・装置などの展示・(説明)講演会
 司会  株式会社リケン  秘書課長  山川健一
   
○  午後4時〜6時  
開会の辞  理化学研究所と親しむ会  会  長  小 口 邦 彦
   
挨  拶  独立行政法人理化学研究所 理事長   野 依 良 治
   
講演 

「産業界との新たな連携について」(30分)                     

独立行政法人理化学研究所  理事   武 田 健 二

   
講演 

「産業界の技術の粋を結集して――

次世代加速器−X線自由電子レーザー(XFEL)への挑戦」(30分)

独立行政法人理化学研究所 播磨研究所

放射光科学総合研究センター 新竹電子ビーム光学研究室

主任研究員 新 竹   積

   
講演 

「体質を科学する遺伝子多型研究」(30分)

独立行政法人理化学研究所 横浜研究所

遺伝子多型研究センター   センター長 中 村 祐 輔

   
   
懇親会 

司会  株式会社リケン  秘書課長  山川健一

○  午後6時〜8時  
挨  拶 

文 部 科 学 大 臣   小 坂 憲 次

   
乾  杯 

理研計器株式会社 取締役社長  中島義男

   
 

−歓談− 「理研の最近の研究成果」パネル・装置などの展示・説明



 戻る