RIKEN BioResource Center 独立行政法人理化学研究所 バイオリソースセンター
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology
11th FAOBB Congress
79th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society
29th Annual Meeting of the Molecular Biology
ポスター展示・参加報告
IUBMB 2006
 参加報告のPDF版はこちらです。RIKEN BioResource Center 

 2006年6月18日(日) から 6月23日(金)に、国立京都国際会館、京都宝ヶ池プリンスホテルにおいて第20回国際生化学・分子生物学会議、第11回アジア・オセアニア生化学者・分子生物学者連合会議、第79回日本生化学会大会、第29回日本分子生物学会年会(大会長:本庶佑 京都大学大学院医学研究科教授)が開催されました。8,000人規模の学会といわれるなか、世界各国から多くの研究者が集いました。開会式には皇太子殿下、黒川清日本学術会議会長、松田岩夫科学技術政策担当大臣、小坂憲次文部科学大臣のご臨席を賜りました。
 本大会は”Life: Molecular Integration & Biological Diversity”をテーマとし、生化学や分子生物学の分野における急速な進展の概観を目的として開催されました。世界各地から多くの著名な演者が招かれ、プレナリーレクチャー11題、シンポジウム89セッションの他、ポスターセッション約6,000題等の学術プログラムおよびバイオインダストリーセミナー等も行われました。
 当センターでは、本庶大会長のご好意と中西重忠プログラム委員長のご配慮により、ポスター会場において、会期中毎日継続して、バイオリソースセンターのポスター展示およびパンフレットやチラシ等の資料を配布し、事業の紹介を行いました。当センターの紹介パンフレット、カード、チラシ等は1,500部以上配布いたしました。また会場では、ナショナルバイオリソースプロジェクトのポスターと並んで展示し、各中核機関のリソースや事業の紹介や説明を共に行い、好評のうちに終了しました。海外の研究者も含め、一人でも多くの研究者にRIKEN バイオリソースセンターとNBRPを知っていただき、利用していただく機会になったら幸いです。(文責:企画課・野村)

 

 

 

Abstract Number: 2P-B-224

The Activities of the RIKEN BioResource Center

 

Atsushi Yoshiki, Masatomo Kobayashi, Yukio Nakamura, Kazunari Yokoyama, Yoshimi Benno,
Kaoru Fukami-Kobayashi, Kazuo Moriwaki, Yuichi Obata
The RIKEN BioResource Center
3-1-1 Koyadai, Tsukuba, Ibaraki 305-0074 Japan

 

The RIKEN BioResource Center (BRC) was established in 2001 with an aim to become the finest core bioresource facility in the world. The RIKEN BRC collects, preserves and distributes bioresources of highest quality together with associated information for promotion of life science and bio-industry in Japan and the world. Since its establishment, the Center has been operated by three principles, “Trust” “Sustainability” and “Leadership”. The majority of bioresources in the RIKEN BRC are developed by Japanese scientists. They include (1) various mouse strains, the most useful experimental model animals, (2) seeds, cDNA and cultured cell lines of Arabidopsis and other experimental plants, (3) cell lines of human and animal origin including stem cells, (4) genetic materials from humans and animals, and (5) microorganisms. Four Divisions of the RIKEN BRC have been appointed as the core facilities for their respective bioresources and one as an adjunct facility in the National Bioresource Project of the MEXT, Japan since 2002. To establish and maintain “Trust” and “Leadership” the RIKEN BRC has been engaging in research and development of novel technologies necessary for quality control, characterization of bioresources as well as development of new bioresources. In addition, the BRC has commenced several training courses for best use of bioresources since 2004. The BRC hopes to be an intellectual foundation for life science in Japan and the world. The support and understanding from all concerned parties is most appreciated.

 

 戻る