情報解析技術室の紹介

開発室プロフィール

  最近のゲノム解析の進展により、遺伝子、タンパク質、細胞、個体にいたる様々な研究材料(バイオリソース)が生まれ、それに付随する情報も材料と同様に急速に増加しています。バイオリソースの付随情報は、研究目的に適った材料を選び活用する上で必要不可欠なものです。 情報量の増加にともない、必要な情報を必要な時すぐに探し出せるよう整備することが、ますます重要になってきています。
  情報解析技術室では、理研BRCが収集/維持/保存/提供しているバイオリソースを中心に、国内外の関連機関が保有するバイオリソースに関する所在情報ならびに特性情報を収集し、データベース化し、国内外のデータベースと連携したシステムを構築・運用しています。 また、収集した情報をウェブカタログなどのバイオデジタルコンテンツとして公開することにより、バイオリソースを利用するために必要な情報を研究者コミュニティーに提供し、ライフサイエンスにおける研究基盤形成の一翼を担うことをめざしています。 さらに、多くのバイオリソースに関する情報の中から生物学的に有意義な情報を抽出するための新しい情報解析技術の開発を行っています。

室 長 深海薫(学術博)

室 長 深海 薫 (学術博)

計量書誌学 入門(科学を科学する)へ

事業内容

情報解析技術室では以下のようなリソース事業・業務を行っています。

  • リソース収集/維持/保存/提供事業

  • リソース情報の収集・解析・管理とデータベース開発・運用
  • データベースや検索システムをとおしたリソース情報提供
  • リソース提供業務支援
  • リソース利用促進事業

  • リソース入手を簡便にするためのシステム開発・運用
  • リソース情報の発信業務支援
階層/情報の図

事業の流れ図
情報解析技術室の事業の流れ図

技術開発

  • リソースデータベース統合のための技術開発
  • リソース情報解析のための技術開発
  • リソース情報解析の技術相談

戻る