理研バイオリソースセンター
バイオリソースの提供手数料の改定のお知らせ
 当センターは、ライフサイエンスの開発研究に必要なバイオリソースを整備し、提供する事業を実施いたしております。事業を継続的かつ円滑に行うために、バイオリソースの収集、保存、品質管理等に必要な経費は理化学研究所運営費交付金を充て、提供に必要な経費は提供手数料として利用者の皆様にご負担いただいております。
 この度、社会情勢の変化と政府の指導により、提供手数料の見直しを行い、改定させていただくことになりました。利用者の皆様には一部負担の増とはなりますが、ご理解とご協力を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。
 引き続き、当センターはバイオリソースの充実と品質の向上に努めてまいります。
 皆様の一層のご利用を心よりお待ち申し上げております。
(独)理化学研究所 バイオリソースセンター
センター長 小幡 裕一
手数料改定時刻
日本時間2010年3月19日(金)17:00までにご依頼いただいたバイオリソースは、現行の手数料にて提供させていただきます。それ以降のご依頼は、新しい手数料を適用させていただきます。
新提供手数料の金額
新提供手数料は以下の通りです。
実験動物開発室
実験植物開発室
細胞材料開発室
遺伝子材料開発室
微生物材料開発室
以 上
 戻る
実験動物開発室
リソース名 単位 手数料(税込み)
改定後 現行
非営利
機関※1
営利
機関※1
非営利
機関
営利
機関
生体維持系統※2※3 1匹 \10,800 \21,600 \8,715 \11,300
凍結胚※2 凍結胚 2本 \23,500 \47,000 \15,120 \19,656
凍結胚個体化※3 1件 \54,900 \109,800 \47,775 \62,108
凍結精子※2 凍結精子 2本 \13,100 \26,200 \10,290 \13,377
凍結精子個体化 ※3 1件 \98,600 \197,200 \81,060 \105,378
FIMRe機関の
凍結系統
※2※3
凍結胚個体化 1件 \37,300 \74,600 \32,655 \42,453
凍結精子個体化 1件 \91,300 \182,600 \70,875 \92,138
ES細胞個体化 1件 \319,500 \639,000 \315,525 \410,183
マウスゲノムDNA※4 \3,000 \6,000 - -
微生物追加検査 培養検査 1件 \1,800 \1,800 - -
血清検査 1件 \2,800 \2,800 - -
PCR検査 1件 \4,200 \4,200 - -
検鏡検査 1件 \1,800 \1,800 - -
理研BRC標準検査 1件 \33,200 \33,200 - -
※1 「非営利機関」とは、科学研究費補助金取扱規程 第2条第1項 (http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2009/0 9/08/1284421_01.pdf)に該当する機関です。 科学研究費補助金取扱規程における研究機関一覧http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/04083103.htmでご確認ください。
*(2)第2条第8項の研究機関68機関は「非営利機関」には区分されません。
※2 別途、リソースの送料及び箱代が加算されます。
※3 理研BRCではリソース提供時に囮マウスを用いた定期的な微生物検査結果を添付します。追加検査をご希望される場合は手数料が必要となります。
※4 マウスゲノムDNAは実験動物開発室または遺伝子材料開発室にお申し込み下さい。発送は遺伝子材料開発室から行います。
その他詳細につきましては実験動物開発室(animal@brc.riken.jp)までお問い合わせください。
このページのトップへ戻る
実験植物開発室
リソース名 単位 手数料(税込み)
改定後 現行
非営利
機関※1
営利
機関※1
非営利
機関
営利
機関
個別種子 バイアル \3,000 \6,000 設定なし 設定なし
プール種子 セット \5,000 \10,000 設定なし 設定なし
個別DNA バイアル \3,000 \6,000 設定なし 設定なし
DNAbookTM ※2 \34,650 - \34,650 -
植物培養細胞※2 \5,500 \11,000 \4,935 \6,405
検疫証明 1件 \15,400 \15,400 - -
懸濁植物培養細胞継代培地※3 1件 \1,000 \1,000 - -
※1 「非営利機関」とは、科学研究費補助金取扱規程 第2条第1項 (http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2009/0 9/08/1284421_01.pdf)に該当する機関です。 科学研究費補助金取扱規程における研究機関一覧http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/04083103.htmでご確認ください。
*(2)第2条第8項の研究機関68機関は「非営利機関」には区分されません。
※2 DNAbookTM及び海外への植物培養細胞の発送は着払いとなります。
※3 シロイヌナズナT87培養細胞の最初の継代に必要となる培地がご利用いただけます。
「個別種子」「プール種子」「個別DNA」は、それぞれのリソースにつき一度のお申し込みが10バイアル/セット以上の場合には大量利用促進制度が適用されます。詳細につきましてはhttp://www.brc.riken.jp/inf/distribute/epddiscount.shtmlをご覧いただくか、その他詳細につきましては実験植物開発室(plant@brc.riken.jp)までお問い合わせください。
このページのトップへ戻る
細胞材料開発室
リソース名 単位 手数料(税込み)
改定後 現行
非営利
機関※1
営利
機関※1
非営利
機関
営利
機関
ヒト及び動物由来の培養細胞株(RCB) \15,000 \30,000 \15,000 \19,500
日本人由来不死化細胞株(HEV) \15,000 \30,000 \15,000 \19,500
研究用ヒト臍帯血幹細胞(HCB) 試料 \32,000 \32,000 \32,000 \32,000
研究用ヒト臍帯血幹細胞・
フィコール試料(CBF)
セット \13,000 \13,000 \13,000 \13,000
研究用ヒト臍帯血幹細胞・
CD34陽性細胞(C34)
試料 \42,000 \42,000 \42,000 \42,000
研究用ヒト間葉系幹細胞(HMS) \24,000 \48,000 \24,000 \31,200
園田・田島コレクション細胞:
世界の様々な人種民族に由来する
不死化B細胞株(HSC)
\15,000 \30,000 \15,000 \19,500
後藤コレクション細胞:
早老症(Werner症候群)患者に
由来する不死化B細胞株及び
初代培養線維芽細胞(GMC)
\15,000 \30,000 \15,000 \19,500
動物ES細胞及び生殖細胞由来の
多能性幹細胞(AES)
\24,000 \48,000 \24,000 \31,200
動物iPS細胞(APS) \24,000 \48,000※2 \24,000 -
ヒトES細胞(HES) \28,000 \56,000 \28,000 \36,400
ヒトiPS細胞(HPS) \28,000 \56,000※2 \28,000 -
※1 「非営利機関」とは、科学研究費補助金取扱規程 第2条第1項 (http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2009/0 9/08/1284421_01.pdf)に該当する機関です。 科学研究費補助金取扱規程における研究機関一覧http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/04083103.htmでご確認ください。
*(2)第2条第8項の研究機関68機関は「非営利機関」には区分されません。
※2 京都大学から寄託を受けているiPS細胞につきましては、京都大学産官学連携本部(http://www.saci.kyoto-u.ac.jp/)に直接お申し込み下さい。京都大学から寄託を受けているiPS細胞につきましては、当室は原則として「非営利機関」への提供のみを実施しておりますが、京都大学からの指示により細胞を当室から提供する場合であっても、「非営利機関」「営利機関」の定義は上記に従いますので、「営利機関」への提供手数料となる場合がありますこと予めご了承ください。
その他詳細につきましては細胞材料開発室(cellqa@brc.riken.jp)までお問い合わせください。
このページのトップへ戻る
遺伝子材料開発室
リソース名 単位 手数料(税込み)
改定後 現行
非営利
機関※1
営利
機関※1
非営利
機関
営利
機関
クローンおよび菌体※2※3 \8,400 \16,800 \8,295 \10,783
組換えウイルス \33,000 \66,000 \32,550 \42,315
ライブラリー \33,000 \66,000 \30,345 \39,448
微生物ゲノムDNA※4 \16,500 \33,000 \13,545 \17,608
マウスゲノムDNA※5 \3,000 \6,000 - -
☆ 以下のセットのクローンは個別でも提供いたしております。→詳細はこちら
   個別クローンの提供手数料は「クローンおよび菌体」と同じです。ご利用下さい。
15K cDNAクローン(菌体)
159枚組全セット※6
セット \906,300 \1,812,600 \712,320 \926,016
7.4K cDNAクローン(菌体)
79枚組全セット※6
セット \450,300 \900,600 \363,090 \472,017
S. pombe ORFenome
クローン(菌体)
52枚組全セット※6
セット \296,400 \592,800 \287,070 \373,191
Thermus thermophilus
発現プラスミド(DNA)
18枚組全セット※6
セット \131,400 \262,800 \108,990 \141,687
※1 「非営利機関」とは、科学研究費補助金取扱規程 第2条第1項 (http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2009/0 9/08/1284421_01.pdf)に該当する機関です。 科学研究費補助金取扱規程における研究機関一覧http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/04083103.htmでご確認ください。
*(2)第2条第8項の研究機関68機関は「非営利機関」には区分されません。
※2 「Gateway®テクノロジー」を用いた哺乳動物cDNAを搭載した発現ベクターには、ライセンス料相当額(1株あたり1,250円)が加算されます。→詳細はこちら
※3 クローン及び菌体には、寄託クローン、ベクターならびに宿主微生物株、各種セットの個別クローン等を含みます。→詳細はこちら
※4 微生物ゲノムDNAは遺伝子材料開発室または微生物材料開発室にお申し込み下さい。発送は遺伝子材料開発室から行います。
※5 マウスゲノムDNAは遺伝子材料開発室または実験動物開発室にお申し込み下さい。発送は遺伝子材料開発室から行います。
※6 クローンセットの提供には別途送料が加算されます。
「クローンおよび菌体」は、一度のお申し込みが20株以上の場合には大量利用促進制度が適用されます。詳細につきましてはhttp://www.brc.riken.jp/inf/distribute/dnadiscount.shtmlをご覧いただくか、遺伝子材料開発室(dnabank@brc.riken.jp)までお問合せ下さい。
このページのトップへ戻る
微生物材料開発室
リソース名 単位 手数料(税込み)
改定後 現行
非営利
機関※1
営利
機関※1
非営利
機関
営利
機関
微生物株 \5,250 \10,500 \5,250 \6,825
培養微生物株※2 \15,750 \31,500 - -
微生物ゲノムDNA※3 \16,500 \33,000 \13,545 \17,608
※1 「非営利機関」とは、科学研究費補助金取扱規程 第2条第1項 (http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2009/0 9/08/1284421_01.pdf)に該当する機関です。 科学研究費補助金取扱規程における研究機関一覧http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/04083103.htmでご確認ください。
*(2)第2条第8項の研究機関68機関は「非営利機関」には区分されません。
※2 ご依頼により、凍結乾燥アンプルから微生物を培養し、生菌(スラントまたは液体培地10ml程度)にて提供いたします。微生物材料開発室(inquiry@jcm.riken.jp)にご相談ください。なお、培養に時間を必要とする場合もあります。ご理解のほどお願いいたします。
※3 微生物ゲノムDNAは微生物材料開発室または遺伝子材料開発室にお申し込み下さい。発送は遺伝子材料開発室から行います。
同一手数料の微生物材料は、一度のお申し込みが20株以上の場合には、大量利用促進制度が適用されます。詳細につきましてはhttp://www.brc.riken.jp/inf/distribute/jcmdiscount.shtmlをご覧いただくか、微生物材料開発室までお問合せ下さい。
 戻る